6月 5

スマホを機種交換した場合、交換したスマホで再度同じGoogleアカウントを設定することで、zSuperRecorderがダウンロードできる用になりますが、新しい端末での新規インストールとなります。

device-2013-06-05-170909device-2013-06-05-171057device-2013-06-05-171154

 

 

 

 

 

 

通話録音がサポートされている機種に変更すると思いますので、設定は再度、新しい機種に合わせて行う事になります。

この時修理などで同機種に交換する場合は、今までの設定情報も引き継ぐことが可能です。

まず、同一機種へ交換した場合の設定情報を引き継ぐ方法ですが、31番の設定の保存と復元で「設定保存」を選択します。

それで、今の設定情報は外部SDのルートへ保存されます。

ファイル名はZSR_X-00X(機種名).zsrconfと言うファイル名で保存されます。

そのまま、新しいスマートフォンにmicroSDを差し込み、zSuperRecorderを起動して31番の設定で設定の復元を実行することで、今まで使っていた設定が適用出来ます。

また、同じmicroSDに録音ファイルも保存されていると思いますので、そのままzSuperRecorderで録音ファイルリストを表示すると、最初は空のリストになっています。

そのままでは長押しメニューが表示出来ないので、何か録音ファイルを1つ無理矢理作るか、リストのタイトル部分をタップしてください。

表示された長押しメニューから「DB登録漏れ確認」をタップすると、フォルダーに保存されている録音ファイルリストが表示されます。

全部一括登録したい場合は、そのまま登録ボタンを押すだけで、リスト上のファイルは全てリストに表示されて移行は完了します。

個別に登録する場合は、ファイルリストのファイルを一つずつタップしていけば、1つずつ登録することも可能です。