9月 1

Screenshot 2013-08-31 23.53.55

 

zSuperRecorderとzCloakServerの組み合わせで自動的に録音ファイルをDropboxの任意のフォルダーに保存出来ます。

Dropboxへ送信することで、簡単に通話録音ファイルのCloud管理が出来る様になるので便利になります。

保存形式をMP3かOGG、3GPにしておけば、ブラウザ上でも簡単に再生確認可能です。

 

DropboxへのアップロードとPOST送信は独立して設定出来るのでDropboxのみへのアップローダーとしての利用も可能です。

また、手動でPOST送信、Dropbox送信も可能です。

詳しくはzCloakServer Dropbox編のマニュアルをご覧下さい。

 

※Dropbox保存場所

Dropbox

├アプリ
│    ├zSuperRecorder
│    │      ├任意のフォルダー(ここに保存されます)

※任意フォルダーが空白の場合zSuperRecorder直下に保存されます。
複数端末でDropboxを共有する場合、端末毎にフォルダーを作っておけば管理がしやすくなります。

丁度、お試しサーバーでデモ運用している電話番号毎のページの様な管理がDropbox上でも可能です。

th_Screenshot_2013-09-08_1.18.11

 

Dropbox連携の承認の証

Screenshot 2013-09-04 22.18.26