10月 13

Screenshot_2014-09-18-03-01-07zCryptManagerは基本的にはファイルマネージャアプリですが、アタッシェケースでの暗号化機能が追加されたファイルマネージャです。
いわゆる、アタッシェケース for Androidのぱっちもんと思って頂ければわかりやすいと思いますが、ぱっちもんの方が機能は豊富になってます。

まず、個別に暗号化するのは当たり前ですが、複数ファイルをまとめて暗号化したり、フォルダーを丸ごと暗号化する事が出来るようになっています。

それと、アタッシェケース for Androidはアド広告がついていて安心して使えなかったので、自分で安心して使える物を作ったと言う流れです。

後は、基本的に暗号化はパスワードファイルで暗号化する事を推奨しているので、パスワードファイルでの暗号化がやりやすい仕様になっていて、複数のパスワードファイルを管理出来る様にしています。

後は、普通のごくありふれたファイルマネージャの機能でzip圧縮する機能がある位です。

操作方法もいたって簡単で、長押しメニューを押せば把握出来ると思います。

しかし、コンテキストメニューで設定しているので、メニューリストにアイコンを表示出来ず、Android4.3以降ならアイコン付のコンテキストメニューが表示されていると思います。

zSuperRecorderの場合、Listを使ってメニューを構成したのでアイコン付のコンテキストメニューが表示出来ていますが、これは、一般的なコンテキストメニューの使い方で開発しているのでAndroidのバグが解消できてないと言ったところです。

これがあればパソコン版のアタッシェケース for Windows等で暗号化したファイルを復号したりその逆も問題なく行える様になります。
また、複数ファイルの暗号化は、個別に暗号化するとばらばらで面倒になるのでzip圧縮のように1つのファイルにまとめて暗号化する様にしています。

その時のファイル名は最初に選んだファイル名になるようにしているので適宜後から変更して下さい。

Screenshot_2014-09-20-05-48-08Screenshot_2014-09-20-05-46-54